8K + 5G

シャープは5Gネットワ​​ークをサポートする8Kテレビを披露しました

ベルリンのIFA-2019で、シャープは画面サイズ120インチの第5世代5Gセルラーネットワークをサポートする8Kテレビを披露しました。このテレビは世界最大の8k解像度の液晶テレビです、とEngadgetは報告しています。
  シャープは、2019年の5Gサポートが適切であると確信しています。同社は、8K + 5Gの組み合わせにより、新しいテレビが芸術作品を表示するための最適なツールになることを強調しています。テレビを使用するシナリオの1つでは、美術評論家がこのデバイスをリモート修復作業に使用することを提案しています。
  先に、8Kテレビをリリースするというシャープの意図は、NHKが超高解像度テレビチャンネルを開始する前に発表されました。シャープ8Kテレビは、ウルトラHD信号を受信するために外部チューナーを必要としない、日本で最初に設計されたデバイスであることが注目されました。
TV 8k 5g sharp
2019年9月5日、シャープはSAMSUNG ELECTRONICS CO。、LTDとライセンス契約を締結しました。 (「Samsung Electronics」)。LTEを含むワイヤレス規格の主要特許。

業界の先駆者であり、W-CDMA、LTE、LTE-Advanced、5G、特許出願などのワイヤレス技術とネットワークの分野で研究開発に積極的に取り組んでいる新しいモバイルデバイスを提供し続けます。その結果、W-CDMA、LTE、LTE-Advanced、および5G規格に関する6,000を超えるコア特許を保有しています。サムスン電子を含む標準的なコア特許のライセンスを取得した企業の数はすでに増加しており、ライセンス企業の数は増え続けています。

5Gなどの無線技術やネットワークに関連するコア技術の研究開発を通じて、「8K + 5GとAIoTで世界を変える」というビジネスビジョンの実現に引き続き取り組んでいきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です